DVDコピー/DVDダビングは自分で出来る!・メイン > DVDコピー・ダビングコラム
DVDコピー・ダビングコラム

最新コピーガード一覧表

現在DVDに含まれているコピーガードの一覧表を作成してみました。中には余り聞いた事のないコピーガードも含めれていますね。最近の傾向としては、やはりCPRMやARccOSなどが含まれているた為に、録画は出来るが、コピーは出来ないと言った物が増えている。レンタルDVDや一般に販売されているDVDがそれにあたります。
これらCSS以外のコピーガード対策も別の機会に解説をしようと思っております。
CPRM コピーや録画できる回数を制限するコピーコントロール信号である。コピーワンス放送などの映像データに入っている。
CPPM DVD-Audioが利用しているコピーガードで、DVDとは異なるファイル構造である為に、DVD-Audioの専用ソフトでなければコピーする事も、コピーガードを解除する事も出来ない。
CSS おなじみのコピーガード。販売されているDVD、レンタルDVDに含まれるコピーガード。CSSは、DVD ShrinkやDVD Decrypterによって解除が可能。
48DVD その名の通り?48時間に限って再生が可能。格安のDVD-VideoやPVなどに使われるコピーガードである。
DVD Magic インターネット認証を取得しなければ視聴する事が出来ないコピーガード。プロテクト機能が装備されており、起動時にDVD Decrypter等のツールを阻止する機能もある。
Rip Guard ご存知、マイクロビジョン社が開発したリッピング防止用コピーガード。意図的にエラーとなる領域を記憶させておく事で、コピーする際にエラーとさせる働きを持つ。
ALPHA-DVD 通常はゲーム等のCD-ROMで使用されているコピーガード。現時点では、DVDの領域に入っているのは希な存在。
ARccOS 最近増えてきているコピーガードで、マイクロビジョン社が開発したRipGuardに類似。エラーを誘発させるプロテクト方式を採用している。

DVDコピーと画像安定装置の関係

画像安定装置とは、画像の色補正やノイズリダクションを行い、映像の質を高める為の機器の事です。つまり映像信号内のノイズ信号をクリアにすることによりその名の通り劣化した画像を安定させ編集する装置です。
が、その他にも、この画像安定装置には我々コピラー(笑)を協力にサポートしてくれる機能が付いているのであります。
画像安定装置を経由して再生機器(CSチューナー等含)と録画機器を接続した際に、コピーガードが除去されるという現象が発生します。すると通常のDVDコピーでは、視聴に不必要な(?)信号が視聴者の阻害になるわけですが、この画像安定装置を使いDVDコピーした場合、その不必要な信号が除去されますので、すっきりとしたキレイな画像が楽しめるわけですね。
画像安定装置にも、除去できる信号と除去できない信号がありますので、画像安定装置をご購入の際にはお確かめくださいね。


CSS解除のみではDVDコピーできないDVDビデオもある

当「DVDコピー/DVDダビングは自分で出来る」でも何度か紹介してきているが、DVDコピーするにはCSS解除が有効であるとしてきた。しかし、最近では新しいコピー対策が施されたものが登場してきている。その名は「ArccOS」という。
DVDのコピーを防ぐ為にSONYが開発した物だ。この「ArccOS」がかかっているDVDでは、DVD Shrink及びDVD DecrepterではDVDコピーすることはできないのである。
しかし、ご安心。早くも対応しているツールがある。「DVD Fab Decrepter」や「AnyDVD」のバージョンアップ版だ。これらのツールに関しても、今後詳細を解説しようと思う。


PC上でDVDをコピーするには・・・CSSを解除!

PC上においても、DVDをそのままコピーすることは出来ない。他のDVD同様にコピープロテクトがかかっているからである。DVDの一般的なコピープロテクトは、マイクロビジョン、カラーストライプ、CGMS-A、DTCP、CSS、CPPM、CPRMであるが、この中でPC上でコピーを行う際に障害となるのはCSSのみである。従ってこのCSSを解除する事によってPC上のDVDコピーは行うことが出来る。


DVD Shrinkで高画質バックアップ

通常、片面2層記録のDVDをフルディスクモードでバックアップする場合、1枚のDVDに収まるようにソフト側で自動的に映像を圧縮する。
しかし、この作業は再圧縮を伴う為にオリジナルの画像と比較してみると、バックアップされた画像が劣化してしまう。出来る限り高画質でバックアップするには、不必要な部分を削除して映像の圧縮率を下げる。削除するのは、再生に不必要な字幕や音声などが良いだろう。
DVDShrinkの「圧縮設定」メニューで、バックアップ時に移管しないチャンネルの音声を削除してみよう。チェックをはずすと圧縮率も、自動的に再計算される。


地上/BSデジタル放送のコピーガードCPRMによって時代は変わる!?

現在主流のアナログ地上波では、コピーガード技術は一切使用されておらず、機器及びメディアの種類に係わらずコピーも録画も可能である。だが、これからの主流となる(2011年にはアナログ放送は完全に廃止)デジタル放送では、CPRMというコピーガード技術が挿入されている。皆さんご存知の通り、ハイビジョンはDVDを凌駕する高画質であるため、コピーが行なわれるとDVD市場への影響が大なのである。CPRMはその為の防除策として投じられた技術である。CPRMで現在確認できているのは、「録画禁止」「コピーワンス」「録画自由」という3タイプ。しかも「録画自由」「コピーワンス」であったとしても、CPRMに対応していなければ録画は出来ないのである。これからの時代、映像をメディアに保存していくためには、CPRM対応のハード、そしてCPRM対応のメディアの両方が必要となるのである。


DVDコピーの強い味方!?画像安定装置とは

画像安定装置は、映像信号内のノイズ信号をクリアにすること により名前の通り劣化した画像を安定させ編集する装置です。その機種により様々な機能が含まれた製品である。購入時には封印されている機能を有効にするには、改造をしたり、隠しコマンドを入力したりして、本来の機能を有効になるようになっている。使用する場合は、プレーヤーとレコーダーの間に画像安定装置をかまして、録画する。接続の際に、ピン端子を使用すると画質の低下が著しいので、S端子の利用をお薦めする。


DVDコピーの敵!?リージョンコードとは

DVDの世界は6つのリージョンコードによって分けられている。日本のリージョンコードは「2」。リージョンコードに加えビデオ方式が3つに分けられており、それぞれのコード、方式が合っていないと、正しく再生できないが、それらを見ることの出来る装置が存在する。
スカパーやWOWOW、アダルトチャンネルなど多彩なチャンネルを有料で楽しめる事が出来るケーブルテレビ。この有料チャンネルを無料で見る事が出来る万能チューナーがあるらしい。そんな夢のようなケーブルテレビ万能チューナーとは?
一般的にDVDにはコピーガードが施され、コピーする事が出来ない。デジタル放送にもコピーワンスの制限がかけられて、自由にコピーする事が出来ない。それらコピーガードが施されたDVDをもコピーする事が出来るらしい。コピーガードを解除する機器とは?



このサイトの情報の取扱に関しては、当サイト使用上の注意を参照してください。