DVDコピー/DVDダビングは自分で出来る!・メイン > DVD shrinkの使い方
DVD shrinkの使い方

DVD Shrinkで高画質バックアップ

通常、片面2層記録のDVDをフルディスクモードでバックアップする場合、1枚のDVDに収まるようにソフト側で自動的に映像を圧縮する。
しかし、この作業は再圧縮を伴う為にオリジナルの画像と比較してみると、バックアップされた画像が劣化してしまう。出来る限り高画質でバックアップするには、不必要な部分を削除して映像の圧縮率を下げる。削除するのは、再生に不必要な字幕や音声などが良いだろう。
DVDShrinkの「圧縮設定」メニューで、バックアップ時に移管しないチャンネルの音声を削除してみよう。チェックをはずすと圧縮率も、自動的に再計算される。


再編集モードを使えばもっとキレイに

フルディスクモードを使えば、簡単にバックアップが作れるのだが、自分の思ったような画質で作れないという人も多いはず。DVDShrinkには、「再編集モード」というものがある。若干作業工程は増えるが、さほど難しい作業ではない。バックアップしたい映像を選択してドラッグ&ドロップして、画質と音声などの設定を行うだけでOK。


DVD shrinkとは

DVD shrinkの特徴は、やはりシンプルである為の使いやすさである。DVD shrinkの最大の特徴は、DVDを丸ごと1枚バックアップする場合、バックアップしたいDVDをDVD shrinkに読み込み後、HDDに必要なデータを書き出して、DVDライティングソフトで書き出すだけで作業が完了するという使いやすさ。

このDVD shrinkは2層の記録式DVDを再圧縮する事で1枚のメディアに収めることも出来る。ご存知のように「nero」「DVD decrypter」といったライティングソフトとの連携も可能。

モードは「フルディスク」「再編集」の2種類用意されている。この「再編集」モードでは、普及しているHDDレコーダーに収まらなくなってDVDに書き出した番組などを再度編集して保存する事も出来る。



このサイトの情報の取扱に関しては、当サイト使用上の注意を参照してください。