DVDコピー/DVDダビングは自分で出来る!・メイン > コピーガード
コピーガード

最新コピーガード一覧表

現在DVDに含まれているコピーガードの一覧表を作成してみました。中には余り聞いた事のないコピーガードも含めれていますね。最近の傾向としては、やはりCPRMやARccOSなどが含まれているた為に、録画は出来るが、コピーは出来ないと言った物が増えている。レンタルDVDや一般に販売されているDVDがそれにあたります。
これらCSS以外のコピーガード対策も別の機会に解説をしようと思っております。
CPRM コピーや録画できる回数を制限するコピーコントロール信号である。コピーワンス放送などの映像データに入っている。
CPPM DVD-Audioが利用しているコピーガードで、DVDとは異なるファイル構造である為に、DVD-Audioの専用ソフトでなければコピーする事も、コピーガードを解除する事も出来ない。
CSS おなじみのコピーガード。販売されているDVD、レンタルDVDに含まれるコピーガード。CSSは、DVD ShrinkやDVD Decrypterによって解除が可能。
48DVD その名の通り?48時間に限って再生が可能。格安のDVD-VideoやPVなどに使われるコピーガードである。
DVD Magic インターネット認証を取得しなければ視聴する事が出来ないコピーガード。プロテクト機能が装備されており、起動時にDVD Decrypter等のツールを阻止する機能もある。
Rip Guard ご存知、マイクロビジョン社が開発したリッピング防止用コピーガード。意図的にエラーとなる領域を記憶させておく事で、コピーする際にエラーとさせる働きを持つ。
ALPHA-DVD 通常はゲーム等のCD-ROMで使用されているコピーガード。現時点では、DVDの領域に入っているのは希な存在。
ARccOS 最近増えてきているコピーガードで、マイクロビジョン社が開発したRipGuardに類似。エラーを誘発させるプロテクト方式を採用している。

CPRM対応DVDメディア

DVDメディアには、ビデオ用とデータ用があるが、CPRMに対応しているのはビデオ用のみ。基本的構造は同一だが、ビデオ用には私的録画補償金が上乗せされている。CPRMに対応しているメディアはVR-フォーマット対応のDVD-RWとDVD-RAM。しかし近頃はDVD-Rでも対応しているものも発売されている。海外製のDVD-RW、DVD-RAMではCPRMに対応していないものが多いので必ず確認して購入しよう。


マイクロビジョン

DVDのコピーガードで代表的なのが、このマイクロビジョンである。アナログ系のコピーガードで、録画機器に映像の入力信号の強さを制御するACG回路が組み込まれているが、このACG回路を誤動作させる。実際コピーをすることは出来るのだが、画面が暗くなったりする為、見れれたものではない。



このサイトの情報の取扱に関しては、当サイト使用上の注意を参照してください。